前へ
次へ

特殊な技術を使うインプラント治療

インプラントを設置するためには、あごの骨に器具を埋め込めるだけの十分な厚みが求められます。
しかし人によっては体質や衰えなどによって、骨が薄い場合があります。
そんな時は依頼する歯科次第では、治療を断られてしまうかもしれません。
しかしそこで諦める必要はありません。
比較的新しい治療であるインプラントは、近年でも技術の進歩が目覚しく、あごの骨の薄さにも対応できる施術があります。
骨の薄さをカバーする方法は複数あり、定番と言えるのは骨の代わりになる補填剤の使用です。
グラフトといって、別の部分にある自分の骨を切り取ってインプラントの場所に移植する方法もあります。
自分の身体の一部をやりとりするので、相性の良さや安定感の高さが期待できます。
また外からのアプローチではなく、骨そのものを再生医療で成長させるなど、使用する機材や施術の内容も多種多様です。
どれを選択するかは依頼する歯科の設備や技量にも左右されますが、最適だと思われるものを提案してくれるはずです。

Page Top